柏屋の上生菓子(皐月)

printer2このページを印刷

― 印刷の前にご確認ください ―

≪動作環境について≫
対応ブラウザは下記になります。それ以外では正常に印刷されませんのでご了承ください。
・Microsoft Internet Explorer10・11
・Google Chrome
・Mozilla Firefox
・Microsoft Edge

≪印刷が上手くいかない場合≫
お使いのブラウザの印刷設定で下記項目をご変更の上、再度お試しください。
用  紙:A4用紙 縦向き
印刷倍率:全体を縮小させて印刷

※印刷の前にご確認ください


旧暦の5月は「皐月」と呼ばれます。
小苗月、五月雨月の略ともいわれますが、田植えの始まりを意味する早苗月が転じたものという説が、もっともなようです。他に、橘月や菖蒲月、また、五月雨の雲が垂れ込め、月を見る夜が稀であることから、月見ず月とも呼ばれています。
碧く萌える若葉が、せせらぐ小川にひらりと浮かび、光をはねて、まるで宝石のようです…。

初夏の風

緑色と黄色きんとん生地をふるいだし、つぶ餡につけて、白煉切と黄色羊羹でミズバショウの花をつけました。
初夏の湿原の小さな流れ沿いに、ひっそりと咲き誇る…
上品で可愛らしい水芭蕉を、みずみずしいきんとんで表しました。

¥216(税込)

商品情報

富貴草(ふうきぐさ)

桃色煉切を白煉切でぼかし、皮むき餡を包んで、牡丹の型でぬき、黄色煉切のしべをつけて、緑羊羹の葉をのせました。
風薫る五月、若草色の固い蕾が少しずつ、ふっくらとふくよかにほころび始め、牡丹が甘く薫りだしました。

¥216(税込)

商品情報

若かえで

白薯蕷生地でこし餡を包み、小判型に整え蒸し上げて、緑色を筆書きし、楓の焼印を押しました。
渓流の岩間に張り出した楓の若葉が、さわやかに吹きぬける風にゆれて、水しぶきにもゆられて、まばゆいばかりに艶やかに…。

¥216(税込)

商品情報

つつじ山

橙色煉切を緑色煉切でぼかし、線筋板に押して、栗餡に巻き、朱色煉切のそぼろで花をつけました。
麓からでも赤く見えるほど山の一面を朱色に染め上げ、初夏の風に戯れながら、つつじの花が満開に咲いています。

¥216(税込)

商品情報

せせらぎ

丹波大納言かのこ豆で、求肥を芯に入れたこし餡を包み、つや天をかけて、水色と白煉切の帯に煉切製のセキレイをのせ、錦玉羹をつけました。
木々の緑も深まりつつあります。緑の間からまぶしいばかりの光がそそぎ込む清流に、キセキレイのさえずりが響きわたります。

¥216(税込)

商品情報

花菖蒲(はなしょうぶ)

紫色煉切を白煉切でぼかし、こし餡を包んで布巾しぼりして、ヘラ切りし、緑色羊羹の葉と黄色煉切のしべをつけました。
花しょうぶは色彩が鮮やかで花の形も多彩な上に、群生した姿が見事です。
立ち姿は優しく優雅さがありますね。

¥216(税込)

商品情報

各1個 216円(税込)