柏屋の上生菓子(長月)

printer2このページを印刷

― 印刷の前にご確認ください ―

≪動作環境について≫
対応ブラウザは下記になります。それ以外では正常に印刷されませんのでご了承ください。
・Microsoft Internet Explorer10・11
・Google Chrome
・Mozilla Firefox
・Microsoft Edge

≪印刷が上手くいかない場合≫
お使いのブラウザの印刷設定で下記項目をご変更の上、再度お試しください。
用  紙:A4用紙 縦向き
印刷倍率:全体を縮小させて印刷

※印刷の前にご確認ください


涼風が立ち、野も山も秋色を帯びてまいりました。
黄金色に染まってゆく秋の情景、初秋の小道、陽だまりの中にも、少し淋しさを感じてしまうのは何故でしょうか…?
厳選された素材と高度な職人技が織り成す芸術を、秋の自然を十二分堪能しながら…
是非一度、ご賞味下さい。

花桔梗

緑色きんとん生地をふるいだして、つぶ餡に付け、紫色と白煉切の花をのせて、黄色羊羹のしべをしぼりました。
桔梗は秋の七草のひとつ。古くから秋を代表する花であり、万葉集に歌われた秋の七草「アサガオ」は、桔梗のことだといわれています。

¥216(税込)

商品情報

菊香る

桃色煉切を白煉切でぼかして、皮むき餡を包み、布巾絞りして、黄色煉切のしべと緑羊羹の葉を付けました。
菊の花が一番咲き誇る季節になりました…
独特の菊の香りが、どこからともなく、香り高く漂っています。

¥216(税込)

商品情報

色づく

白薯蕷生地にこし餡を包んで、小判型に整え蒸し上げ、朱色と緑色を筆描きして、カエデの焼印を押しました。
秋が静かに近づいてきて…楓の葉がわずかに色づき始めました。
♪秋の夕日に~照る山もみじ~濃いも薄いも数ある中に~♪
紅葉を見ると思わず、口ずさんでしまいますね。

¥216(税込)

商品情報

みのり

紫色煉切を白煉切でぼかして、こし餡を包み、鳴子の型で抜いて、稲穂の型を押し、朱色煉切の紐をのせました。
季節は巡って来るのですね…黄金色に染まった田んぼに架けられた鳴子が風に揺れて、ゆらゆらと…実りの秋が到来しました。

¥216(税込)

商品情報

虫の音

丹波大納言かのこ豆で求肥を芯に入れたこし餡を包んで、つや天をかけ、緑色と白煉切の帯をのせて、緑色羊羹の葉と黒ゴマをつけました。
夏の終わり頃になると、鈴虫やコオロギといった秋の虫達の涼しげな音色が響き渡りますね。
♪秋の長夜を鳴き通す~ああ おもしろい 虫の声~♪

¥216(税込)

商品情報

こぼれ萩

紫色煉切を白煉切でぼかして、線筋板に押し、栗あんに巻いて、桃色と緑色の新引粉をつけました。
残暑厳しき折とは云われながらも、秋風そよぐ山際に萩の花が咲いて、少しずつ散り始めています。

¥216(税込)

商品情報

各1個 216円(税込)