柏屋の上生菓子(卯月)

printer2このページを印刷

― 印刷の前にご確認ください ―

≪動作環境について≫
対応ブラウザは下記になります。それ以外では正常に印刷されませんのでご了承ください。
・Microsoft Internet Explorer10・11
・Google Chrome
・Mozilla Firefox
・Microsoft Edge

≪印刷が上手くいかない場合≫
お使いのブラウザの印刷設定で下記項目をご変更の上、再度お試しください。
用  紙:A4用紙 縦向き
印刷倍率:全体を縮小させて印刷

※印刷の前にご確認ください


卯月は、卯の花が咲く月を意味するものといわれていますが、稲を植える月を表す『植月』が転じたものともいわれています。
他に、山間に桜が咲き残っている情景を表す『花残り月』や、初夏を匂わせる『夏初月』などの名前も持っています。                      
春一番に吹かれて舞い散る桜の花びらが、ほんのりと舗道を薄紅にうずめてゆく…咲き誇る桜…風に舞う花びら…日本の春はいいですね。

つばめ来る

水色煉切を白煉切でぼかし、線筋板に押して、栗餡に巻き、煉切製のツバメのせて、金箔をつけました。
桜が咲くより早く、夏ツバメが渡って来て、春を知らせてくれます。すさまじい風の如く「ツバメ返し」を自慢するかのように…人を恐れるという事のない、不思議な春の使者の訪れです。

¥194(税込)

商品情報

吉野桜

桃色煉切を白煉切でぼかし、皮むき餡を包んで、桜の木型で抜き、黄色煉切のしべをつけました。
日本の春と言えば桜…と言うように、咲きだしたかと思えば満開に…花吹雪…そして葉桜へ。桜前線が南から北へと移動し、日本の春を彩ります。

¥194(税込)

商品情報

うららか

白薯蕷生地でこし餡を包み、小判型に整え蒸し上げて、桃色と黄色を筆書きし、蝶々の焼印を押しました。
うららかな春の昼下がり ♪ちょうちょ、ちょうちょ菜の葉に止まれ~♪
思わず口ずさんでしまいます。菜の花畑に蝶が舞い…春まっさかりです。

¥194(税込)

商品情報

山吹の路

黄色煉切を白煉切でぼかし、こし餡を包んで布巾絞りして、山吹色煉切の花をつけ、緑色の新引粉をつけました。
やわらかな陽射しを受け、山の谷間が黄金色に染まりゆき…まばゆいばかりに山吹の花が咲き誇っています。

¥194(税込)

商品情報

春の野

緑色きんとん生地をふるいだし、つぶ餡につけて、桃色・黄色・紫色煉切の花をつけました。
色とりどりの花が咲き乱れ、野山はまさに春爛漫。柔らかく穏やかな春景色の中で、胸がいっぱいになり…思わず息をのむ美しさです。

¥194(税込)

商品情報

花いかだ

丹波大納言かのこ豆で求肥を芯に入れたこし餡を包み、つや天をかけて、桃色と白煉切で帯と桜の花びらをのせました。
春の風に舞い散る桜の花びら・・・穏やかな流れの川面に浮かび、揺られ流れゆく様子は、まるでイカダのようですね。

¥194(税込)

商品情報

各1個 194円(税込)